MENU
イベント・キャンペーン

最大3万円還元!アゲ得タイヤ祭

2022年11月1日

オートバックス会員限定、アゲ得タイヤ祭11月1日(火)~12月31日(金)まで実施いたします。 

オートバックス会員様[入会金・年会費無料/当日入会可]

対象の夏タイヤ4本セット購入
サイズに応じて最大3万円還元!

対象のオールシーズンタイヤ4本セット購入
サイズに応じて最大3万円還元!

オールシーズンタイヤは乾いた路面~雪道まで走行できる便利な全天候型タイヤです。

 インチ別還元金額

20インチ以上の4本セット購入なら30,000円還元!
19インチの4本セット購入なら24,000円還元!
18インチの4本セット購入なら18,000円還元!
17インチの4本セット購入なら14,000円還元!
16インチの4本セット購入なら10,000円還元!
15インチの4本セット購入なら6,000円還元!
14インチ以下の4本セット購入なら2,000円還元!


定期的に愛車のタイヤ点検していますか?
セルフのガソリンスタンドが増加し、
点検の機会が減っているのではないでしょうか。

交換時期を判断するチェックすべき
ポイントをご紹介します。

残り溝が少なくなると、排水性が悪くなるため雨の日のグリップ性能が低下します。車検時にもチェックする項目となりますので安全にかかわる重要な点検となります。

残り溝点検の目安となるのがスリップサインです。スリップサインとは、残り溝の深さ1.6mmを示すサインです。タイヤがすり減ると溝がなくなり、スリップサインが露出します。

スリップサインが1か所でも出ると使用してはいけないことが法律で定められており、1.6mm未満のタイヤは整備不良となるため使用禁止です。もう少しでスリップサインが現れそうな場合、すでにブレーキが効きにくく、スリップも起こりやすくなっている状態です。

特に雨の日は要注意ですから早めに新しいタイヤに交換することをオススメします。オートバックスでは残り溝が2mm以下になったら交換をオススメしています。

空気圧の設定や乗り方、車種特有の現象として、タイヤの摩耗具合が偏ることがあります。

片減り」といってタイヤの内側や外側に偏って摩耗することがあり、コーナリング時や雨の日にスリップしやすかったりブレーキが効きにくいなど、偏摩耗が進行している場合には新しいタイヤへの交換が必要です。

前後でその進行具合が異なるケースも多いので、定期的にチェックして偏摩耗が進行する前にタイヤローテーションをすると長持ちさせることもできます。

トレッド部やサイド部にひび割れが発生していないか確認しましょう。小さく細かいひび割れであっても時間の経過とともに少しずつ大きくなりバーストに至るケースもあります。早めのタイヤ交換をおすすめします。

サイド部に切りキズやえぐりキズ等がある場合、すぐに新しいタイヤに交換しましょう。タイヤの側面はタイヤの中でも最もゴムが薄く、弱い部分となります。側面の損傷はトラブルの元となりますのでご注意ください。

最後にサイド部に気泡のような膨らみが出ている場合をご紹介します。これは縁石などに接触した場合などに発生することがあり、ゴムの内部にあるコード(針金のようなもの)が切れている状態です。強度が低下しており大変危険な状態です。こちらが発生している場合には即タイヤ交換をしましょう。


イベント・キャンペーン記事一覧に戻る
目次
閉じる