レーザー受信対応《レーダー探知機》

《スピードの取り締まり》

この様な、住宅地でのスピード取締りには
速度を測定する設備の設置や
違反者を取り締まる場所の確保など
様々な制約がありました。

しかしながら、これを解決する為に
移動式オービスが最近、
設置されてることも多くなりました。

移動オービスとは、自動車の速度違反を
自動で取り締まることができる
新型の小型取締装置です。

従来からあるオービスは位置が
覚えられると効果が下がりますが、
移動式オービスの設置場所はほぼ無限
なので、神出鬼没的な運用が
可能となります。

また場所も
畳一畳ほどのスペースで設置できる
ため、通学路などの狭い
道路でも設置が可能です。

また、15キロオーバーなどの
青キップクラスの違反者も検挙
するなど、
東京都や愛知県などでは
手前に警告看板を設置せずに
運用を行うこともあります。

又、通称”ネズミ捕り”と呼ばれる
スピード違反取り締まりは、
その場で違反者を取り締まる
広いスペースが必要でしたが、
この移動式オービスは、
その場の画像を残すことで
後日呼び出す方式をとっています。

実際の速度、その時の画像を
基に取り締まる方法となっており
狭い道路での実施も可能であるほか
人員も2名程度で行なえるなど
効率的な取り締まりが強化
されています。

《いままでのレーダー探知機では警報できない!?》

移動式オービスには
レーザー式オービスという
新しい技術が導入されています。

レーザー式オービスとは?
対象車にレーダー波を照射しドップラー効果を
利用して速度を測定するレーダー式や、
路面にコイルを埋設してその上を通過する
車両の速度を測定するループコイル式などの
従来のオービス(速度違反自動取締装置)
とは異なり、
レーザー光を照射して
3Dスキャンによって
対象車を立体的に
とらえ
移動時間と距離によって速度を

計測する新型のオービスです。

よって、
いままでのレーダー探知機では
レーザー光は受信できません。

また「レーザー対応」を謳っている
レーダー探知機でもオービスが発した
レーザー光を受信しているのではなく
固定オービスの位置情報や
移動オービスの目撃情報を
収録しているだけものもあり、
これでは新規に設置されて
GPSデータにまだ収録されていない
固定式や、毎回取り締まりの
実施場所が換わる移動式には
対応できません。



《レーザー”受信”対応あります!!》

いままでのレーダー探知機では
事前に発見できなかった
レーザー式オービス

レーザー式オービスの発する
レーザー光を受信して
警報することのできる
レーザー受信対応のレーダー探知機
(レーザー&レーダー探知機)
が各社から発売されています。

このレーザー受信対応であれば、
今後増設される固定式や
神出鬼没な移動式の
レーザー式オービスを
事前に発見し安全運転に
役立てることができます。

「レーザー」を用いた取締機は、
移動式の取締に限らず、
パトカーに搭載されるなど
固定式の取締機にも、今後設置
される事も予定されています。

安全なドライブをする為にも、
速度の出過ぎで事故を
起こさない為にも、安心して運転が
出来ると良いですよね!

休日に遠方までドライブした時、車内の
会話に夢中になって、ついついスピード
が出過ぎた事ありませんか?

又、常に気にしながら運転するのも、
案外ドライブでは疲れますよね~

そんな時に、スピードの出しすぎを
教えてくれて、安心してドライブ出来て
安全運転を支えてくれるのが、レーダー
探知機なのです。

店舗では、様々な探知機をご用意
しておりますので、お気軽にスタッフまで
お尋ねください~!(^^)!

2020年4月6日